ぴよぴよ日和

結婚5年、そろそろ子供が欲しい30代共働き主婦の、天使待ちの日々を綴ります。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D15 鍼灸2回目

本日、2回目の鍼灸にいってきました。
先週と同じ先生で、「そろそろ排卵ですねー」って言いながら、タイミングとか詳しく指導してくれました。
卵胞チェックが無いだけで、ほぼ病院と一緒ですね^^

今日も院長先生の診察をして貰えて、ラッキー!と思っていたら、やや先週と趣が違い・・・

どうも私、かなり(東洋医学の世界では)重症らしいです(涙)。

院長先生曰く、右がちょっとおかしいかな、ということで右足に置き鍼1つ。
更にお腹を押され、異常な痛さに「痛いです~!」を連発でした・・・。
酷い冷え性を治さねば、駄目みたい。

だけど、完治しなければ妊娠しないというわけでもないみたいで、治療で改善傾向にあれば、十分可能性もあるみたいです。
KLCに行っていたことについては、「年齢で言えば若い方だよね?」と・・・まぁ、そうですね。
治療履歴を詳しく書いておいたせいか、色々聞かれることは無く、鍼を何箇所か打って、担当の先生に何かしらの指示を出して、院長先生はサーッと去っていきました。

しかし、院長若い・・・なんちゅーか、鍼灸の先生って感じじゃないです。
かといって信頼できない感じではなく、的確にサクサク鍼打って、診断下してくださいます。
家での宿題(毎日のお灸)はちょっと大変だけど、のんびり続けてみようかな、と思います。


排卵は、というと・・・オリモノがまだ出現していません。
排卵検査薬も用意して待ってるのですが(オリモノが出てからで間に合うはずなので)、今回は遅めなのかなー。
それとも、前回のセロフェンの影響で、今月もオリモノ少ないのかしら・・・だとしたら見落とす可能性もあるので、ちょっと不安。
でも、今月は何故か焦る気持ちが全く無いので、もし駄目だったら今月はそういうタイミングだったってことで・・・。
仕事がラスト2週間なので、少し気持ちがそっちに行ってるのかもしれません。
9年間の締めくくり、しっかり引き継いで、あとを濁さずに去りたいです。

スポンサーサイト

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

D4受診&退職手続き

先週の連休初日にリセットして、D3受診ができなかったので、D4にKLCへ行きました。
事前に電話で連絡しておいたので、D4でも問題ないということだったのですが、そもそも今周期はまた採卵する気にはなれず、お休みしようと思っていたので、ホルモン値がおかしくなっていないかと、前回の分割しなかったことの見解を聞きに、という感じです。

今回から4Fで受診となり、とうとう長期組かぁ・・・って少し凹みました。
でも、担当してくださったF先生は、とても詳しく説明してくださって、むしろ8Fの先生方よりもベテランで信頼できる感じだったので、ちょっと安心しました(全員の先生がF先生みたいな診療とは限りませんが・・・)。
分割しなかったのは、やはりタマゴの質の問題。
そして、もし分割して移植しても、途中で駄目になっていたと思うし、「自然淘汰」ってこういう風に起きているんですよ、と言われて、「そうだよね、自然妊娠だって20%程度しかうまくいかないんだもんね」って改めて納得できました。
採卵については、仕事のこととか気持ちの問題とか、クリアできないなら、年齢的にも急がなくても大丈夫だから、お休み入れていいと思いますよ、と言ってもらえました。
ちなみに、D4データで参考にならないかもしれませんが、FSH 9.8、LH 10.2、E2 89で、先生は「いい数値です」と仰ってました(LHが高いんじゃないの?って思ったけど、D4だからこんなものらしいです)。


というわけで、今回はお休み周期です。
会社に退職願も出したし、引継ぎやらで忙しかったり、きっと病院どころではないと思ったし、また採卵して駄目だったことのダメージを考えると躊躇したので、春先まで休んでタイミングで頑張ろうかな、と思います。
KLCではセキソビットとかは処方してくれないみたいなので、誘発剤も全く使わず、自分の力だけで頑張ります。
ただ、タマゴの質を上げたいので、カルニチンとコエンザイムQ10を葉酸と共に摂りながら、食べ物と冷えには気を遣うようにして過ごしています。

最終出社は2月の上旬、有給消化が4月上旬まで。
色々手続きやら、区の補助金申請や(私の区は一般不妊治療費の還付があるので、お金が10万円上限で戻ってきます!)、医療費の確定申告や、それなりに忙しそうですが、初めての専業主婦、頑張りたいと思います。

会社では上司に引き留められたけど(正直にいろいろ話したのに、1か月延ばせないか?というので、アンタと違って私は時間がないんだよ治療するんだからさ!!と言って納得してもらいました。
何せ中国人(正確には香港人)・・・不妊治療はあまり進んでない国だそうで、理解がないみたいです。
ヤレができると思ってるみたい(しかも男性ですしね)。

日本のカウンターパートのマネージャーは、実は彼自身が不妊治療経験者(でもお子さんはついに出来なかったそう。。。)ということで、かなり理解を示してくれて、「それは1日も早くストレスから解放されたほうがいいよ。本当は引き留めたいけど・・・」とかなり迅速に対応してくれました。
奥様がかなり精神的に参っていたのを、間近で見ていて歯がゆかったそう。
でも、今回思ったのは、うちの会社でも実は不妊治療を受けている人が沢山いる(いた)ということ。
男性はそれほどお休みしたりしないし、まぁ周りに悟られることってあまりないですよね・・・でも本当は、みんな悩んだりしながら、仕事をしてたんだってこと。
外資系とかITって、実は不妊率が高いのかも(仕事柄)、と考えてしまいました。

何はともあれ、退職手続は粛々と進んでいます。
会社を辞めたからと言って、Babyが来るって確約はないし、世帯収入はダウンするし、不安だらけですが、理解してくれる周りの人たちと、何よりダンナ様に感謝して、絶対ぜったいママになる!!って気持ちで前に進もうと思います。

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

なお

Author:なお
私、30代半ば。ダンナ様、40代突入。
結婚してはや6年。
しばらくダブルインカムで頑張ろうとしていたり、途中でマンションを買ったりして、子づくりにやや乗り遅れ・・・

お子待ち本格開始は、2009年8月の終わり。
2010年2月から病院デビュー。
2010年11月からKLCデビューしました。
1回目の体外受精は、未熟卵で受精せず、移植中止。
2回目の体外受精は、成熟卵2個のうち1個受精→分割せずで移植中止。
しばらく自然に、タイミングで頑張り、更にFCTへ転院。
3回目の採卵 12個採卵→11個成熟卵→10個受精(顕微6個、体外4個)→10個とも分割確認→胚盤胞5個
1回目の移植 HR周期→陰性(4AA、AHあり)
2回目の移植 HR周期→陽性判定(4AB、AHあり)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
周期①-タイミング (23)
周期②-AIH1回目 (11)
周期③-タイミング (12)
周期④-AIH2回目 (11)
周期⑤-AIH3回目 (8)
周期⑥-強制リセット (4)
周期⑦-AIH4回目 (5)
周期⑧-KLC完全自然周期<受精せず (5)
周期⑨-KLC採卵周期②<分割せず (6)
周期⑩-お休み周期 (2)
周期⑪-お休み周期 (2)
その他 (1)
周期⑫-FCT採卵周期~胚盤胞凍結 (1)
周期⑭移植~判定 (1)
周期⑮移植2回目~陽性判定 (5)
その後 (6)

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。