ぴよぴよ日和

結婚5年、そろそろ子供が欲しい30代共働き主婦の、天使待ちの日々を綴ります。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての移植~判定まで

病院を変えてから、すぐに刺激周期に入って、胚盤胞が出来て・・・
と、ここまで順調にきましたが、私にとって移植は人生初!でした。

FCTでは、基本的にHR周期を勧めているようなので、私も何だか訳が分からないまま、D2で血液検査→Goサイン→エストラーナパッチ開始、と進みました。
何せ移植自体が初めてなので、エストラーナパッチを貼っていれば排卵が起こらないことすらも知らず、看護婦さんに色々と教えてもらう始末・・・
何とか2日おき4枚ずつのシールをクリア、2回の内膜チェックもクリアして、いよいよプロゲステロン膣座薬開始へ。

こんなので黄体補充出来るのかな?という素朴な疑問もありましたが、無事に座薬開始2日目から高温期に突入し、5日目に移植となりました~
しかし膣座薬って凄い・・・HR周期では基礎体温はあまり関係ないとか聞くけれど、それでも毎日きっちりと高温維持です。

移植されたタマゴちゃんは4AAの一番綺麗な子。
この日は土曜日だったため、ちょっと早めの午前中移植となりました。
ちゃんとタマゴが戻ってくるのか不安でしたが、移植前に先生から見せていただいたDVD画像では、ちゃんと戻ってきたとのことで、一安心。
移植のときにタマゴちゃんは見えるのかな、って思ったのですが、エコーの位置の関係で看護婦さんが目の前にいて、残念ながらモニターは見えませんでした。
帰りに追加のエストラーナパッチと膣座薬を渡され、タマゴちゃんの写真ももらえました

でもここでひとつ疑問・・・凍結のときに見せていただいたDVD画像よりもフラグメントが多く見えるタマゴちゃん。
AHAの切れ目が見えるので、凍結前の写真ではなく、移植当日の写真だと思うのですが、もしや解凍でグレードが下がってしまった??
移植後に、「もしやダメかも」っていう予感が走りました。


そして本日。
FCTではBT7とかでの中間判定はないのと、木曜がお休みなので、BT13での判定でした。
結果。
HCGは1.02。
やっぱり着床してませんでした

でもね、分かってたんです私。
BT11の一昨日、どうしても待ちきれずにクリアブルー使ってみて、見事に真っ白だったので・・・。
何の兆候もなかったし、座薬がなかったら生理が来てるだろうなって感じの日々だったので、それほどショックはありませんでした。
それに、移植当日に走った予感・・・こういう嫌な勘だけは当たってしまう私なので、「やっぱりねー」ってかなり冷静でした(それでもちょっとだけ、涙は零れましたが)。

KLCで分割すらしてくれなかったことを考えたら、5個も胚盤胞が出来てくれただけ、嬉しいことだし、これで終わりじゃないって思えたこと、移植までではあったけどFCTで結果がでたってことで希望を持てたから、割と冷静だったのだと思います。

なので今日、診察室で先生に結果を告げられたときも、冷静にお話できました。
先生のほうがとても残念そうでがっかりされていて、却って申し訳ないくらい。
「いいタマゴだったし、内膜もいい状態だったのに・・・」と仰って下さって。
「でも、胚盤胞でも半分のものは染色体異常があって、見た目のグレードでは分からないんです。だから今回は着床できないものだったのかな、としかいえないんですが・・・」って本当に申し訳なさそうでした。
先生が、ビジネスライクでなく、本当に妊娠させてあげたいと思ってくださっていたことが伝わってきたので、心がすぅっと楽になりました。
あと4つのタマゴ、先生に託して頑張ろう!って素直に思えました


そして何と!
「移植では卵巣を刺激していないので、周期を空けなくてもいいんですよ」
と言って頂けました。
採卵と同じく、2周期は空けないといけないと思っていたので、来月と再来月はパスかぁ・・・って思っていたのです。
希望すれば来月でもチャレンジできると聞いて、俄然やる気が出てきました。
リセットして、体調が良さそうだったら、とは思ってますが、行けそうだったら来月2回目の移植に踏み切るかもしれません。

来月もし着床してくれたら、予定日は私の誕生日くらいになるんです
もしやもしや、O型牡羊座の女の子が出てきちゃうのかなぁ?(以前占っていただいたとき、女の子だと聞いていたので、勝手にそう思っています)
また次も頑張りまーす!!
スポンサーサイト

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

なお

Author:なお
私、30代半ば。ダンナ様、40代突入。
結婚してはや6年。
しばらくダブルインカムで頑張ろうとしていたり、途中でマンションを買ったりして、子づくりにやや乗り遅れ・・・

お子待ち本格開始は、2009年8月の終わり。
2010年2月から病院デビュー。
2010年11月からKLCデビューしました。
1回目の体外受精は、未熟卵で受精せず、移植中止。
2回目の体外受精は、成熟卵2個のうち1個受精→分割せずで移植中止。
しばらく自然に、タイミングで頑張り、更にFCTへ転院。
3回目の採卵 12個採卵→11個成熟卵→10個受精(顕微6個、体外4個)→10個とも分割確認→胚盤胞5個
1回目の移植 HR周期→陰性(4AA、AHあり)
2回目の移植 HR周期→陽性判定(4AB、AHあり)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
周期①-タイミング (23)
周期②-AIH1回目 (11)
周期③-タイミング (12)
周期④-AIH2回目 (11)
周期⑤-AIH3回目 (8)
周期⑥-強制リセット (4)
周期⑦-AIH4回目 (5)
周期⑧-KLC完全自然周期<受精せず (5)
周期⑨-KLC採卵周期②<分割せず (6)
周期⑩-お休み周期 (2)
周期⑪-お休み周期 (2)
その他 (1)
周期⑫-FCT採卵周期~胚盤胞凍結 (1)
周期⑭移植~判定 (1)
周期⑮移植2回目~陽性判定 (5)
その後 (6)

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。