ぴよぴよ日和

結婚5年、そろそろ子供が欲しい30代共働き主婦の、天使待ちの日々を綴ります。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Happy New Year

明けましておめでとうございます。
今年は自宅でしっぽりと年越し・・・去年の今頃は、「もう来年の今頃は、妊婦か出産後ねー」なんて思ってたのに、叶わず・・・(涙)。

お節の準備にダンナ様実家へお邪魔していた大晦日の昼過ぎ、6月に妊娠報告があった友人から出産報告がありました。
1月半ばの予定日と聞いていたので、まだまだと思っていたのに、どうしても赤ちゃんは2010年のうちに出てきたかったみたいです^^
おめでとうメールを送って、早速出産祝いの検討をしています。
もう、あの頃みたいなわだかまりもなく、単純におめでとう!って気持ちしか湧いてきませんでした。
羨ましいとか、妬ましいとか、もうそんな気持ち、いっぱいこの1年で味わって、心が動じなくなったのか、すかーっと「人は人」って割り切るまでの時間が短くなったみたいです。
ちょっとした成長かな。。。


さて、大晦日まで出勤だったダンナ様、夕方になって某カメラ屋の袋を抱えて帰ってきました。
中身は、何と・・・
”Sony α NEX-5”!!
キャー!!
ずーっと欲しかった一眼デジカメです。
私はほぼ無趣味に近い人間なので、会社を辞めたら写真を趣味にしたいなって言っていて。
いずれ子供が出来たら、いいクオリティで写真を残してあげたいなぁ、とも思っていて。
クリスマスの頃はちょっと予算オーバーで、もうちょっと安くなったら買おうって言っていたんです。
だけど、大晦日にお店に行ったら、急に値段が下がっていたそうで、「初売りまで待とう」って言っていたのに、
”今年1年頑張った、ご褒美”ってダンナ様が買ってくれました。
このカメラで、今年こそ、大きな妊婦腹を撮ってもらうぞー!!


昨日、早速初詣にカメラを持って行き、ダンナ様実家でのご挨拶でも、恒例の集合写真の撮影に使い、「うーん、やっぱりキレイに撮れるー!」って2人で大興奮です(笑)。
初詣は、赤坂の豊川稲荷へ行ってきました。
なぜって・・・
性懲りも無く、初詣から子授け祈願!です。
豊川稲荷は、子授け観音様と、子授け狐様があると聞いていたので、行ってみたかったんです。
ちょっと並んだけど、無事お参りを済ませて、子授け狐様の像を撫で撫でして、観音様にお祈りして、更に子授けお守りも買って。

珍しくダンナ様がおみくじを引こうというので、引いたのですが、私は大吉!ダンナ様は小吉・・・。
そして2人とも(ここのおみくじは、子宝運も載ってるのです)、
「子宝運薄い」
「子宝運は薄め」
ええええー!!!
大吉なのに・・・。
新年早々、ショック・・・大吉のおみくじだったら、普段は持って帰る私ですが、「子宝運のなさ」を断ち切りたかったので、結んで帰ってきました。
これで、リセットということで(笑)

家に帰って、気になって調べてみたら、おみくじって「今の状態」を教えてくれるんだそうです。
そして、その期限というのは、「個人の意識次第」なんだそうで。
そう考えると、”子宝運が薄い”のは私の今の状態、であって、いつまで?というのは例えば私が「今月はリセット予定だから、次の生理が来るまで」と思ったら、それでいいわけです。
そう思ったら、少し気が楽になりました。
良く考えたら、厄年も2月3日の春分まで・・・確かに子宝運が無いってのは、今の状態かも。
だったら私は春分越えたら子宝運上昇!です(そう決めた)!

春分頃から、また頑張るぞー!!
今年こそ、ママになる!

そして、皆様にとっても、良いお年でありますように。
ベビ待ちをしている全ての人が、幸せになりますように、祈っています。
スポンサーサイト

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

一緒に泣いてくれる人がいるということ

私には、この夏からご近所になった友人がいます。
彼女は、私たちの結婚式のコーディネーターで、私たちより2年半遅れで結婚しました。
私たちは同い年、ダンナ様同士も同い年で、最初からずーっと親近感を持っていたのですが、最初の3,4年は年に2回会うくらいの友達でした。

彼女は、結婚式の1週間前に妊娠が分かって、結婚して半年ちょっとで子供を産み、今は2歳3ヶ月のお子さんのママです。
彼女が子供をを産む頃まで、うちはセックスレスでした。
そして、30代に入ってリミットが迫ってきたことに、私は焦りを感じ始めました。
子供を作りたいな、と思ったのは、彼女が子供を産む頃のこと・・・大きなお腹を見て、スイッチが入ったのかもしれません。

うちのダンナ様は、元々そんなに子供が欲しいと思っていた人ではありませんでした。
それに、セックスレスでも、我が家は仲が良かったし、2人で生活していることでとても幸せでした。
スキンシップは沢山していたし、不満もありませんでした。
だから、本当の意味での”セックスレス”ではなかったのかもしれません。

でも、私が子供を欲しいという気持ちを伝えて、セックスレスを解消するまで、結局1年近くかかりました。
具体的に「子供を作ろう!」と話し合いをして、なかなか伝わらない気持ちもあったり、泣きながら訴えたりして、ようやく・・・去年の夏休みの旅行をきっかけに、動き始めました。
だけれども、最初はダンナ様の意識が薄く、タイミングを合わせることもプレッシャーだったのか、今年の年明けまでに満足にタイミングが取れたのは1回だけ。
陰で随分、泣きました。

それでも、出来る人はタイミングを少々外したって出来るのに、なんでうちは、と悩みました。
だから、みんなにまだ早いと言われても、病院へ行こうと決めました。
もし、ダンナ様がプレッシャーでうまくいかないというのなら、AIHだって体外だっていいじゃないか、って。
私は、【待つ】ということが非常に苦手な人間です。
この1年以上、ずーっと辛かった・・・ベビ待ちも、リセットも、AIHや体外の失敗も全部。

AIH3回目の失敗のあと、9月の強制リセットの頃でしょうか、ダンナ様と初めて、修復不能かもと思えるような喧嘩をしました。
「病院についてきてくれる人もいるのに、何できてくれないの?休みを潰してるのは私も一緒なのに」
とか、
「何でここぞというときに、気分が乗らない、とかナーバスになってるわけ?わがまま言わないでよ」
とか、
今まで不安だったこと、不満だったこと、全部吐き出しました(本当はもっと酷いこと、言ったんですけどね。笑)
それでやっと、私の苦しみやら辛さやら、ベビちゃんは(特にうちの場合)きちんと頑張らないと授からない、ってことを自覚してもらえました。
それからKLCへ行って・・・経緯はBlogに書いてきたとおりです。


先述の友人は、偶然、今年の夏頃に近所に引っ越してくることになって、頻繁に会うようになりました。
彼女の子供がどんどん大きくなって、歩いて喋って、言葉数も増えて・・・という様子を、この半年間、間近で見ることができて、私のベビ待ち熱は高まる一方でした。
私は、彼女にベビ待ちで病院通いをしていることを、伝えています。
いつか子供が出来たら、一杯アドバイス貰おう、って思っています。

一昨日、彼女の家でお茶しているときに、つい体外受精がうまくいかなかったことを零してしまったのですが、そのとき彼女が「ごめん」と言って泣き始めました。
「私は、何にもしてあげられない。何も言ってあげられない。本当に、ごめん」
「簡単に妊娠しちゃって・・・でも、なおは何も言わないで、○○の面倒見てくれたりして」
「なんで、本当に子供が欲しい人のところに、子供が降りてこないんだろう」
って・・・。
そして、「ずーっと言えなかったんだけど、毎年安産お守りを買ってたの。いつでも渡せるようにって。でも、なおは何も言わないから、きっと子供欲しくて頑張ってるのかな、って思って毎年しまいこんでいて。」
そんなことを、してくれていたんだ・・・・。

2人で抱き合って、しばらく一緒に泣きました。
こんなに真剣に、自分のことを心配して、想ってくれる人がいる。
親兄弟以外で、私の妊娠を一緒に待ちわびてくれてる人がいる。
「いつかきっと会えるから。諦めないで。自分が悪いなんて思っちゃ駄目だよ!」って叱咤激励してくれる人がいる。
それだけで、心が満たされました。

ソウルメイト、とか、今生で助けてくれる人、って存在はそれほど信じていなかったけど、この辛い時期に彼女が近くに引っ越してくることになったこと、お守りをずーっと買っていてくれたこと・・・何だか折れそうな私を支えるために、神様が彼女を支えとして遣わしてくださったのかな、と思ってしまいます。

来年はきっと、絶対、大きなお腹で彼女の家に遊びに行きたい。
一緒に泣いて笑って、妊婦生活を送りたいって、切に思います。

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

またもや・・・

昨日の受精確認、受精1個、未確認1個で、GV期だったものは成長せずストップでした。
成熟卵でも未確認が1個って・・・すごい受精確率悪いんですけど(涙)。
ただ単に受精の確認がタイミング悪くて出来なかっただけかも、という希望はもっていましたが、前回のことががったので、「多分駄目だろうな」って思ってました。

そして今日の分割確認。
受精したら98%は分割すると聞いていたので、当然移植出来るものと思っていました。
が・・・
「分割が確認できませんでしたので、移植中止となります」
・・・。
またもや、壁に阻まれました。

どうして?どうして?
何で私のタマゴは駄目なの?
他の人が普通に出来ていることが、何故出来ないの?

受精率も悪い、分割率は最悪、となれば、この先どうすれば良いのかわかりません。
胚盤胞に進むなんて、夢の話です。
だって、分割すらしてくれないのです・・・移植して、着床しないならまだしも、それ以前でストップって。。。
呆然としてしまい、もうどうしていいかわからないです。
気持ちの整理ができません。
KLCへ行けば、少なくとも移植までは出来るし、何回かチャレンジしていれば、きっと授かるって思ってました。
でも、この状態だと、何回続けたって先に進める気がしないです。

次はD3に来るように、と指示がありましたが、正直、このまま続けて良いのか迷っています。
だからと言って、他の病院へ行くとかはまだ考えられないのですが・・・お休みしたほうが良いんでしょうか?
こんな形で年末を迎えるなんて思っていなかったので、本当にショックです。
少なくとも、タマゴを迎えに行って、年末年始を迎えるつもりでした。
それで駄目だったとしても、次へ希望が繋げるって思ってました。

どうしよう、どうしたらいいんだろう。
私のタマゴは、質が悪すぎて駄目なんだろうか。
まだ30代前半なのに、いいタマゴが採れないなんて、私は欠陥人間なんだろうか。
そんなことばかり考えています・・・。

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

D15採卵~果報は寝て待て

一昨日、順調にスプレキュアをこなして、昨日は2回の座薬と来院時間確認のTELと、着々と準備が進み、今日はいよいよ採卵。
そういえば、クロミフェン周期って頚管粘液が減るって聞いていましたが、やっぱりというか、当然というか、本当に伸びるオリモノ激減しました。
すごいなー、ホルモン剤。
弱い刺激とはいえ、こういう症状がでてくると、「薬って怖いな」って改めて思います。

今日の来院指定時間は、8:15。
前回よりも遅めの指定なので、前の人が一杯いたのか、リラックスルームに呼ばれるまでも、ちょっと待ちました。
採卵は2回目なので、勝手も分かるし、落ち着いて臨めました。

今回も排卵してないか心配でしたが、無事左右とも卵胞が見えたので、手術台の上でほっとしました。
順調に右の卵胞液が吸い上げられ・・・
「右、1リンス!」「5.1ミリ」
よしよし、空胞じゃなかったぞ。
5.1ミリってのは卵胞液の量かな(多分)。
と、ここまでは余裕でした。
左に行くまでは・・・。

そして左。
先生がぐりぐりと超音波の機械を動かすのが、痛い。
こんなに痛いのって初めてかも()
どうも、角度的に取りづらい位置に卵胞があるみたい(だから、内診1回目のときも発見されなかったのね・・・)。
看護婦さんも、
「もうちょっと腰を下げて、足を拡げて~」
・・・って、スミマセン。。私、股関節硬いんです。
(あー、もうちょっとストレッチ頑張って置けばよかった。)と後悔しても遅く、股が裂けるんじゃないかと思うくらい左右に拡げられました。
これでもう2個とか3個とかタマゴあったら、辛かったはず・・・。

でも、無事大きい卵胞が見えて、卵胞液が吸い上げられ、
「左、1リンス!」
よしよし、未熟卵かもだけど、こちらも取れた。
というか、子宮よりも股関節がいーたーいー!!・・・早く終わりたい。
と、思っていたら、
「3.6ml、M!」
ん?3.6mlってのは分かるけど、Mってタマゴの成熟度だよね。
MⅠなの?MⅡなの?
前回、MⅠ期のを成熟させても受精してくれなかったので、そこはとっても気になるところ。


ベッドに戻って数分後、看護婦さんが渡してくれた紙を見て、びっくり。
タマゴ、「3個」。
2回しか卵胞刺してなかったけど・・・3って?
どちらかの卵胞は双子ちゃんだったのかしら。
でも、成熟してなかったらどうしよう・・・更に不安が募ります。

着替えてダンナ様と合流し、先生の診察に入っても、そこではタマゴのランク(?)とかは教えてもらえないので、とりあえず「多めに受精卵が出来たら、胚盤胞に育てて凍結」ということだけをお話して、終了。
培養士さんの所見を聞かないことには、落ち着けない!
そして待つこと1時間・・・。

やっと呼ばれて培養士さんから教えていただいた結果は、
MⅡの成熟卵:2個
GVの未成熟卵:1個
という結果でした!
ダンナ様の今回の結果は、
2.5ml、9200万/ml、運動率72%、奇形率68%(KLC基準)
と前回よりも優秀~!

ダンナ様のタマ君たちの数も運動率も問題ないので、成熟卵2個にはふりかけ受精をして、GV期の1個は明日の朝まで培養し、MⅡになったら顕微授精ということになりました。
内心、「顕微授精代かかっちゃうなー」と思ったけれど、1個でも受精→分割と進むものが多ければありがたいので、迷わずお願いすることにしました。
GVのタマゴは、もし受精→分割と進んでも、子宮とのタイミングが1日ずれてしまうので、胚盤胞を作ることを目指して、うまくいけば凍結となると思います。

はー。
とりあえず採卵できました。
誘発剤は初めてで不安だったけれど、結果3個もタマゴが取れて、可能性が見えたことでほっとしています。
それに、うまくいけば来月・再来月は採卵しなくてもいい周期になると思うので、誘発を連続してやらないということで、卵巣も休ませて上げられるかな、と思っています。
出来ることなら、明後日移植(予定)の分割胚が着床してくれて、残りの2個は数年後のためにストックしておきたいけれど。
そううまくコトが運ぶなんて、楽観視はしてないので、あくまでも希望、としておきたいと思います。
それに、前回受精しなかったので、まず明日の受精確認がちょっと怖いところ・・・。

明日はクリスマス。
我が家にも良い知らせが届きますように!

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

D12&13受診→採卵決定!

恐ろしく副作用も何もないので、「ホントに効いてるの?」って思いながらセロフェンを飲むこと、9日間。
昨日、朝一でKLCへ行ってきました。
7:50頃着いたのに、番号は100番台・・・絶対待つだろうな、って思って読んでなかった文庫本を持って行って、正解でした。

採血の後、内診へ。
右16.6㎜x15.3㎜のタマゴが見えました。
珍しく2方向から測って下さったのは、タマゴがちょっといびつだったからかな。
2個か3個出来てるんじゃないかって、ちょっと期待していたので、1個しか無いってことにちょっと凹む・・・。
でも、私は排卵に18-20日かかるタイプなので、D12でこのサイズのタマゴが出来てるってことは、薬のおかげだと思うし、1個でも元気のいいタマゴだったら、きっと妊娠できるはず!って思いたいです。

採血結果が出るまで、9Fで待つこと1時間、やっと呼ばれた時には、本はもう残り20ページほど
結果、E2:367、LH:17.9、P4:0.5 でした。
採卵のタイミングがつかめないから、明日8:00にまた来院ね、と言われて終了
えー、明日は来なくていいと思ったから、フルに仕事する予定だったのにな・・・。
仕方ないので、PC持って帰ってきて、午後から自宅で仕事することにしました。
うちの会社は新宿からだと1時間はかかるので、移動がもったいないんです(自宅はちょうど中間点くらい)。
文庫本は、会社へ行く間に読み切りました・・・どんだけ待ち時間長かったんだ。

E2の結果からすると、何だかタマゴ1個の割に高いような・・・ホルモン剤飲んでるとE2も多目って聞くから、それかなぁ、と思いつつ気になって検索しまくり。
いつも1個でも300までも行くことないし、このタマゴのサイズで367ってかくれタマゴ、いるんじゃないのかなぁ。



そして本日、またまた早起きして7:50頃KLC到着。
「昨日よりも人が少ないかな」って感じたのに、受付番号は昨日より1番早かっただけでした・・・また100番台
でも、今日は時間指定の採血だったからか、8Fに移動してからはスムーズ!
採血が終わったらすぐに内診、9Fへ行かずそのまま8F待機でした。
昨日のことがあったのでまた本(今度は単行本)を持って行ったけど、100ページも読まないくらいで終了。
というか、持って行ったのが400ページ超の長いやつだったので、読み切れるわけもないんですが

今日の内診では、昨日の右のタマゴが18.3㎜になっており、なんと!昨日は居なかった(見えなかった?)はずのタマゴが左にもいました!
ほらね、ほらね。
私の予感、的中です~!
大体、左右バランスよく産んでたのに、先月右で、今月も右って、左よどうした?サボってんのか?って思ってたし。
結局、左は16.1㎜とちょっと小さ目、内膜は8.3㎜とまずまず。

そしてホルモン値は、E2:481、LH:20.9、P4:0.4。
ほら、2個分のホルモン値になってきたじゃーん
何せ今回は通常採卵費なので、出費が多いのです・・・1個でも多く採っておきたいのが本当のところ。
それに、前回は受精してくれなかったから、今回も1個って心許なかったし、なんか嬉しいー!!

先生の診察の結果、採卵は明後日の午前中に決定しました。
左のタマゴについては、「小さいからねぇ。んーあまり期待せずに。」って言われちゃったけど、いいんです!賭けてみます!って鼻息も荒く
最後に看護士さんから、前回同様スプレキュアの説明と(でも今回は、ちゃんと(?)夜中の点鼻)、排卵止めのボルタレンを渡されて、終了でした。

にしても、お会計がなくっても病院出たのが10時・・・長いですねぇ。
血液検査の結果が出るまで1時間はかかるので、仕方ないけど。
ひとまず、今日の夜のスプレキュア2回と、明日の夕方の採卵時間の確認と、ボルタレン2回で、明後日の排卵へ挑みます

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

 | HOME |  次頁へ移動する»

FC2Ad

 

プロフィール

なお

Author:なお
私、30代半ば。ダンナ様、40代突入。
結婚してはや6年。
しばらくダブルインカムで頑張ろうとしていたり、途中でマンションを買ったりして、子づくりにやや乗り遅れ・・・

お子待ち本格開始は、2009年8月の終わり。
2010年2月から病院デビュー。
2010年11月からKLCデビューしました。
1回目の体外受精は、未熟卵で受精せず、移植中止。
2回目の体外受精は、成熟卵2個のうち1個受精→分割せずで移植中止。
しばらく自然に、タイミングで頑張り、更にFCTへ転院。
3回目の採卵 12個採卵→11個成熟卵→10個受精(顕微6個、体外4個)→10個とも分割確認→胚盤胞5個
1回目の移植 HR周期→陰性(4AA、AHあり)
2回目の移植 HR周期→陽性判定(4AB、AHあり)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
周期①-タイミング (23)
周期②-AIH1回目 (11)
周期③-タイミング (12)
周期④-AIH2回目 (11)
周期⑤-AIH3回目 (8)
周期⑥-強制リセット (4)
周期⑦-AIH4回目 (5)
周期⑧-KLC完全自然周期<受精せず (5)
周期⑨-KLC採卵周期②<分割せず (6)
周期⑩-お休み周期 (2)
周期⑪-お休み周期 (2)
その他 (1)
周期⑫-FCT採卵周期~胚盤胞凍結 (1)
周期⑭移植~判定 (1)
周期⑮移植2回目~陽性判定 (5)
その後 (6)

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。