ぴよぴよ日和

結婚5年、そろそろ子供が欲しい30代共働き主婦の、天使待ちの日々を綴ります。

2010-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェットコースターのような1週間

KLCの門を叩いてから、まだ5日しか経っていません。
なのにすごい勢いで物事が進んでいます・・・。

順を追って書くと、
11/22(月)KLC初診。フーナーには早いと言われ、2日後にタイミングとって3日後に来るように指示。卵胞13㎜。
11/23(火)伸びるオリモノ出現。慌ててTELを入れ、来院を1日早めてもらう。
11/24(水)卵胞16.8㎜だが、E2 288/ LH 84 / P4 0.5 なので明日採卵したほうがいいと診断。
       1日早めて来てもらって良かった、と先生からちょっと褒められる。
       ただしフーナーは最悪、1匹も精子見つからず・・・。
       初スプレキュア、排卵止めのボルタレン座薬を昼・夕方・寝る前に処方される。
11/25(木)7:40来院、8:00採卵。
       右卵胞より1つ採卵できたが、未成熟(MⅠ期)ということで培養後、念を入れて顕微授精で行くと決定。
       ちょっと嫌な予感がする・・・。
       精子については、1.3ml 6400万/ml 運動率79% 奇形率69%(KLCは奇形の診断が厳しいのでそう悪くはない数字)
11/26(金)14:00に受精確認のTEL。
       前日夕方、成熟卵(MⅡ期)になったので顕微授精を行ったが、今朝受精したか確認ができなかった、と言われる。
       引き続き培養するので、明日10:00に分割確認といわれる。
       またまた嫌な予感・・・。
11/27(土)10:00に分割確認のTEL。やはり分割しておらず、培養ストップで移植中止といわれる。
       14:00から培養師さんと先生と面談予定。

概ねこんな感じです。
本当に、ジェットコースターみたいな日々でした。
でも、ずーっと悶々としているよりは良かったかな・・・これからリセットまでが長い感じですが(苦笑)。

何となく未熟卵だった時点で、「うまくはいかないかも」と予想していて、昨日の時点でも受精が確認できなかったことでこうなるかな、と思ってはいましたが、やっぱり凹んで先ほど30分ほど泣いていました。

今回の未熟卵は、採るタイミングが早かったからだったのか、卵胞が小さかったこともあり、早期LHサージだったのかもしれません。
また、いつも未熟卵の傾向が強いのか(だからAIHとかもうまくいかなかったのか)、今回たまたまだったのかも。。。
未熟卵で採卵したとしても、培養後にうまく受精→分割と進む人は沢山いるし、その1回で妊娠できた人もKLCでは沢山いるようなので、自分だけが何故?という思いはありますが、採卵してみたからこそわかったこともあったので後悔はしていません。
そもそも、卵に力があれば、うまく進んだのでしょうし、いつものようにAIHやタイミングだったら卵に問題があるかどうかすら知らず、ドキドキして2週間過ごしていたわけで・・・どのみち、受精できなかった卵だったのだろうと思ったら、諦めがつきました。
KLCの培養技術をもってしても、駄目だったってことなので・・・それは条件が悪すぎたんだと思うしかないです。

きっと、普通に妊娠できている人たちも、毎月ベストな卵を産んでいるわけではないと思うんです。
また、例え受精まで漕ぎ着けても、分割しない卵だってあるはずで、子宮の中で起こっていることは目に見えないんだから、やっぱりそこは神の領域なんですよね(自然妊娠の場合)。
それに、受精できなかったことが卵に100%問題があったのかどうかも、まだわかりませんし。
もしかして、ダンナ様の”卵子活性化因子”の問題とか、2人の遺伝子が相性が悪いとか、他に問題があるかもしれません。
いずれにせよ、午後に培養師さんと先生とお話しして、疑問に思うことは全部聞いて、悪い可能性を一つ一つクリアにしてきたいと思います。

1回ですべてうまくいくなんて、甘いですよね・・・あまりにトントン拍子に進んだので、ちょっと期待しすぎたかも。
また頑張ります!
スポンサーサイト

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

 | HOME |  次頁へ移動する»

FC2Ad

 

プロフィール

なお

Author:なお
私、30代半ば。ダンナ様、40代突入。
結婚してはや6年。
しばらくダブルインカムで頑張ろうとしていたり、途中でマンションを買ったりして、子づくりにやや乗り遅れ・・・

お子待ち本格開始は、2009年8月の終わり。
2010年2月から病院デビュー。
2010年11月からKLCデビューしました。
1回目の体外受精は、未熟卵で受精せず、移植中止。
2回目の体外受精は、成熟卵2個のうち1個受精→分割せずで移植中止。
しばらく自然に、タイミングで頑張り、更にFCTへ転院。
3回目の採卵 12個採卵→11個成熟卵→10個受精(顕微6個、体外4個)→10個とも分割確認→胚盤胞5個
1回目の移植 HR周期→陰性(4AA、AHあり)
2回目の移植 HR周期→陽性判定(4AB、AHあり)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
周期①-タイミング (23)
周期②-AIH1回目 (11)
周期③-タイミング (12)
周期④-AIH2回目 (11)
周期⑤-AIH3回目 (8)
周期⑥-強制リセット (4)
周期⑦-AIH4回目 (5)
周期⑧-KLC完全自然周期<受精せず (5)
周期⑨-KLC採卵周期②<分割せず (6)
周期⑩-お休み周期 (2)
周期⑪-お休み周期 (2)
その他 (1)
周期⑫-FCT採卵周期~胚盤胞凍結 (1)
周期⑭移植~判定 (1)
周期⑮移植2回目~陽性判定 (5)
その後 (6)

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。