ぴよぴよ日和

結婚5年、そろそろ子供が欲しい30代共働き主婦の、天使待ちの日々を綴ります。

2011-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植~判定まで

私自身、まだ陽性判定が信じられない思いです。
というのも、ほぼ何も体の変化を感じられなかったから。

ネットでBT○日目、と検索しては落ち込み、やっぱり駄目だったか~、と思っていました。
でも、同じように移植後に症状がなくて落ち込んでいる人に、「症状が殆どないひとだって、いるよ!」と元気を出して欲しいなぁ、と思い、私の2回目の移植から判定までの日々を、思い出せる限り書いてみようと思います。

よく、妊娠超初期症状として、自然妊娠の人もAIH、体外の人もブログに書かれている症状、主なものが自分に当てはまったか、書いていきますね。

<下腹部チクチク痛>
無かった。
私は子宮後屈気味だからかもしれないけれど、生理前のような腰から肛門に掛けての鈍痛が、移植翌日からあった(そういえば私のPMSって、下腹部痛でなく腰痛・・・後屈だからかも?と今頃気づく)。
ただ、BT11日目の夜に一度だけ、お臍の下辺りが「ツキーン」と息も出来ないくらい痛くなった。

<眠気・だるさ>
無し。
寝覚めもばっちり。
あ、ただ・・・毎日急に立ち上がったりすると、軽い立ちくらみはあったかも。

<足の付け根痛>
無し。
ただ、足がだるい感覚はBT5日目~BT10日目くらいまであって、付け根が痛いというより引っ張られる感じはたまにあったかも?
でも、足の付け根が痛いっていう感覚が分からず、毎日暑いのに外に出てたので、そのせいで体がだるいんだと思っていた。

<着床出血>
これは、実はあったのかも?
BT10日目くらいから膣坐薬のせいか、外陰部が痒くて(シモな話ですみません!)、夏だし蒸れるからビランになる人が多いとネットで見てはいたので、BT12日目に赤茶色い坐薬のカスが出たときには、「あー、中が炎症したのかな」と思っていた。
昨日(BT13日目)の朝、ペーパーに水で薄めたような赤茶っぽいさらっとした液体がついて、「げ!出血するほど炎症?」とちょっとびびり、更に夕方、また坐薬のカスにどす黒い血が混じっていて、「ホルモン補充周期なのに生理来ちゃうの?」と思ってネットで調べまくった。
BT12-13日目に着床出血では遅すぎるような気がするし、きっと膣内の炎症だと一人納得。
でも、着床してからホルモンの出所が胎盤に切り替わるまで2週間くらいかかって、切り替わるときに出血することもあるらしいので、私のはこれだったのかも?と今となっては思います。

<吐き気>
全く無し!
ご飯も普通に食べれていて、「これ食べたくないかも」って思うようなものも、今のところ無し。

<基礎体温>
移植5日前の膣坐薬開始から高温期に突入し、36.7前後をウロウロ。
移植後は36.7-8の間を行ったりきたりしていたけれど、37度台に突入することは一度も無し。
ホルモン補充周期だから、体温は関係ないと分かっていたけど、それでも妊娠してる人は2段上がりしたとよくブログ等で目にしていたので、「私は当てはまらないな」とがっかりしていた。
昼間も特に暑くてしょうがない、というようなことも無かった。

<胸が張る、など>
全然!です(笑)
乳首は押せば痛いかなぁ?って感じだけれど、張ってしょうがないという風ではなく、色も黒ずむとか聞くけれど今のところはまだ黒ずんでいません。


ざっとこんなものでしょうか。
とにかく私の場合はBT11日の夜まで、なーんにも「あれ?」と思うようなこともありませんでした。
BT11日目の腹痛も、食べ過ぎて便秘気味だからだと思っていたし、昨日一昨日の出血も膣坐薬のせいだと思ってました(本当に、膣坐薬のせいかもしれませんし、真相はいまだ分からず)。

やったことといえば、
・パイナップルを食べてみた(毎日ではない)
・一応、葉酸を飲んでおいた(着床には関係ないですね・・・)
・腹巻をして寝ていた
・妊婦の友達に、願掛けジンクスの「梅干入りおにぎり」を握ってもらい、食べた
くらいのもんです。

今までいっぱい願掛けもしてきたし、体調にもすごく気を使ってきたし、でも妊娠しなくて落ち込んで。
今回も途中から半ば諦めていて、次の移植のことばかり考えていました。
ストレスフリーで、考えないように!って頭では分かっていたけど、毎日毎日ネットで検索していて、全然ストレスフリーではなかったと思います。

あと、スピリチュアルなこと、といえば、
・移植前に夢に美輪さんがでてきて「大丈夫よ」と言ってもらえたこと
・枯れかけていた子宝草の、生きていそうな葉っぱだけを水差しに入れておいたのが、今朝見たら子株をつけていた!(これはちょっと驚いた。一昨日まで何も無かったのに)
・子供を抱く夢を見た
こんな感じです。

少しでも、不安に思っている方のお役に立てれば、幸いです。
ベビ待ちしている全ての方に、赤ちゃんがやってきますように☆
スポンサーサイト

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

 | HOME |  次頁へ移動する»

FC2Ad

 

プロフィール

なお

Author:なお
私、30代半ば。ダンナ様、40代突入。
結婚してはや6年。
しばらくダブルインカムで頑張ろうとしていたり、途中でマンションを買ったりして、子づくりにやや乗り遅れ・・・

お子待ち本格開始は、2009年8月の終わり。
2010年2月から病院デビュー。
2010年11月からKLCデビューしました。
1回目の体外受精は、未熟卵で受精せず、移植中止。
2回目の体外受精は、成熟卵2個のうち1個受精→分割せずで移植中止。
しばらく自然に、タイミングで頑張り、更にFCTへ転院。
3回目の採卵 12個採卵→11個成熟卵→10個受精(顕微6個、体外4個)→10個とも分割確認→胚盤胞5個
1回目の移植 HR周期→陰性(4AA、AHあり)
2回目の移植 HR周期→陽性判定(4AB、AHあり)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
周期①-タイミング (23)
周期②-AIH1回目 (11)
周期③-タイミング (12)
周期④-AIH2回目 (11)
周期⑤-AIH3回目 (8)
周期⑥-強制リセット (4)
周期⑦-AIH4回目 (5)
周期⑧-KLC完全自然周期<受精せず (5)
周期⑨-KLC採卵周期②<分割せず (6)
周期⑩-お休み周期 (2)
周期⑪-お休み周期 (2)
その他 (1)
周期⑫-FCT採卵周期~胚盤胞凍結 (1)
周期⑭移植~判定 (1)
周期⑮移植2回目~陽性判定 (5)
その後 (6)

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。