ぴよぴよ日和

結婚5年、そろそろ子供が欲しい30代共働き主婦の、天使待ちの日々を綴ります。

2011-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6w5d 繋留流産

今日は心拍確認のため、病院へ行ってきました。

この1週間、唯一変化のあった胸の張りが数日前から消え、何となく嫌な予感がしていました。
内診前に、診察室に呼ばれたのも、あれ?という感じでした。

いざ内診。
胎嚢は、11.9mm。
全く成長していませんでした・・・胎芽が先週見えなかったときに、ちらりとよぎった不安。
やはり今日も、胎芽は見えませんでした。

こんな展開になるなんて。
15%の流産確率、そこに自分が入ってしまうなんて。
思ってもみませんでした(実は先週からずーっと不安だったけれど)。

先生曰く、ちょっとしたつわりのようなものもないのは、途中で成長が止まったから(HCGも分泌が伸びなかったから)でしょう、とのこと。
週数が小さいので、1週間以内に自力で流れてくると思うから、今のところ手術の必要はない。
けれど1週間後、一応もう一度(出血が始まったとしても)診ましょう、とのことでした。


何が悪かったんだろう?なんて考えてもしょうがないとはわかっていても、育ててあげられなかったことの原因を探りたくて、切ないです・・・。
1回目の移植は4AAで着床せず、「半数は染色体異常だから、きっとそうだったんでしょう」とのこと。
今回は4AB、着床してくれたのに育ってくれない・・・「染色体異常が90%だから」と言われても、5個の卵のうちグレードのよい2個が染色体異常なんて、残り3個はもっと確率高いんじゃないの?と思ってしまう。

来週になって、急に胎嚢が大きくなって、心拍も確認されて、なんてミラクルが起きないのかな、とか。
何で私だけ、こんなところでつまづいてしまうんだろうか、とか。
考えたらきりがなくて、苦しいです。


次の治療のことまで、気持ちが切り替えられる状態ではありません。

ごめんなさい、このブログもしばらくお休みさせてください。
スポンサーサイト

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

 | HOME |  次頁へ移動する»

FC2Ad

 

プロフィール

なお

Author:なお
私、30代半ば。ダンナ様、40代突入。
結婚してはや6年。
しばらくダブルインカムで頑張ろうとしていたり、途中でマンションを買ったりして、子づくりにやや乗り遅れ・・・

お子待ち本格開始は、2009年8月の終わり。
2010年2月から病院デビュー。
2010年11月からKLCデビューしました。
1回目の体外受精は、未熟卵で受精せず、移植中止。
2回目の体外受精は、成熟卵2個のうち1個受精→分割せずで移植中止。
しばらく自然に、タイミングで頑張り、更にFCTへ転院。
3回目の採卵 12個採卵→11個成熟卵→10個受精(顕微6個、体外4個)→10個とも分割確認→胚盤胞5個
1回目の移植 HR周期→陰性(4AA、AHあり)
2回目の移植 HR周期→陽性判定(4AB、AHあり)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
周期①-タイミング (23)
周期②-AIH1回目 (11)
周期③-タイミング (12)
周期④-AIH2回目 (11)
周期⑤-AIH3回目 (8)
周期⑥-強制リセット (4)
周期⑦-AIH4回目 (5)
周期⑧-KLC完全自然周期<受精せず (5)
周期⑨-KLC採卵周期②<分割せず (6)
周期⑩-お休み周期 (2)
周期⑪-お休み周期 (2)
その他 (1)
周期⑫-FCT採卵周期~胚盤胞凍結 (1)
周期⑭移植~判定 (1)
周期⑮移植2回目~陽性判定 (5)
その後 (6)

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。