ぴよぴよ日和

結婚5年、そろそろ子供が欲しい30代共働き主婦の、天使待ちの日々を綴ります。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治療の記録~FCT転院後-4回目の移植(卒業)まで~

一度目の採卵の後、まさか自分がもう一度採卵をするとは考えてもいませんでした。
でも5月の採卵のあと、ずっとホルモン周期やピルで強制リセットだったので、もしかすると卵巣はいい具合に休息できていて、卵の質が上がるかもしれない、という期待も抱きました。

前回は注射に通ったけれど、2回目は自己注射にしてみようと思い、指導も受けました。
といっても、私は卵巣の反応がいいので(2回目もやはり、前期卵胞は14個ほどありました・・・)注射は1日置き。
アンプルを割ったりするのはちょっと怖かったけど、途中からは理科の実験みたいで楽しくなりました。
ペンタイプだったら、もっと楽だったのでしょうけれど・・・でもアンタゴニストはセットタイプとはいえ、普通の注射だし、FSHやHMGだけをペンタイプにしても、あまり変わりないかな、という気がします。

採卵はD15、2回目に採れた卵は12個でした。
そのうち1個は未熟卵、1個は変性卵。
あとで分かったことですが、FCTでは数が多く採れた場合は未熟卵は廃棄するものだと私は思っていたのですが、未熟卵でもすぐに成熟しそうなものは追加培養してくださるようです。
中間報告の時は、9個が受精し、9個とも分割しているとのことでした。

1週間後の凍結確認・・・胚盤胞は6個できていました!
グレードは4AA×3、4AB×1、3AB×1、4AC×1で、期待したとおり、前回よりもいいものが沢山できました。
培養師さんによると、前回同様にSplit ICSIにして、見た目の良いもの6個を顕微授精、その他5個を体外授精してくださったとのこと。
顕微は6個とも受精・分割し、体外のものは3個しか受精・分割しなかったそうです。
これは使った卵のグレードからすれば当然の結果なので、体外のほうが成績が悪いとは言えないということ。
そして、うち1個は未熟卵を追加培養したものなので、やはり受精に至らなかった、と仰っていました。

胚盤胞になったタマゴのうちAAのもの全てと4ABは顕微で出来たもの、3ABと4ACは体外のものでした。
全ての卵を動画でみせていただきましたが、明らかに私の目で見ても、前回の凍結卵より綺麗な卵たちでした。
培養師さんにも、「教科書にでてくるお手本のような卵ですね」とお墨付きいただき、「この卵のいずれかが必ず妊娠に結びつくと思うので、あまり躊躇せずに戻した方がいいです!」と力強く言っていただけました。

更に1週間後、生理が来たのを確認してホルモン周期開始しました。
私なりに今回は考えがあり、
・十分に戻ったか分からない段階での移植はしたくないので、平日に移植する
・当日の午後一で鍼灸に行く
・SEET法をやってみる
と決めていました。
SEET法以外の2つは、前回妊娠できたときのパターンを踏襲しようという意味でした。

SEET法については、実は採卵前に先生に相談しており、FCTでは希望すればSEET法用に培養液を凍結保存して下さるので、使うかは移植前に判断するとして、とりあえず保存して欲しいとお願いしておいたのです。
FCTではSEET法について、まだ懐疑的なようでした。
というのも、英クリニックで開発されて学会で発表されていたものの、それ以外のJISARTの病院では、英の先生が出してくださったデータのように、大いに有効性があるといえるほどの結果が出ていないそうなのです。
もちろん、FCTでもSEET法で妊娠された方はいるということでしたが、私のように着床障害が認められず、1度は着床も経験しているとなると、有効かどうかわからない、と。
それでも、「特にマイナス要因となるわけではないからね」ということで、SEET法を試すことにGOはいただけました。

FCTでは、SEET法にプラス2万円かかります。
でも、移植しても陰性となり、また移植をするよりは、この1回に賭けてみよう!と思ったのです。
4回目の移植は、AAの卵があるし、1個でいいかな・・と思っていましたが、AAとABの2個移植してみましょう、と院長先生が仰ってくださり、2個移植+SEET法と、これで妊娠しなかったらおかしい!くらいの万全体制でした。

また判定日までの2週間・・・夏に妊娠したときのような着床出血のようなものも、お腹の痛みも、胸の張りもなく、「あんなに色々やったのに、ダメだったのか」と思っていました。
唯一感じていたのは、足のだるさだけ。
自己検査は怖くて、今回も出来ませんでした。

判定待ちの30分、本当に逃げ出したかった。
番号を呼ばれて診察室に入ると、笑顔のS先生。
陽性判定でした。
しかも、HCGは2798・・・高すぎ!
「もしかしたら2個とも着床したかもしれませんね」と言われ、妊娠できていたことよりも双子?!ということにびっくりして、なんだかふわふわした気分のまま病院をでました。。

5w5d、胎嚢確認は院長先生。
エコーに映った胎嚢は、19mm程度のものが1個でした・・・ちょっとホッ。
以前は胎芽は見えなかったのに、胎芽も卵黄嚢もちゃんと見えて、更に「うっすら心拍も見えますね」と。。
診察室で、HCGが高かったことと、本当に双子ではないのか確認してみましたが、「1卵性ではなさそうだし、胎嚢が1個なので2卵性の可能性も無いから、もしかして2個着床したけど1個はダメになったのかもしれない」とのことで、単胎妊娠が確定したのでした。

6w5d、心拍確認。
前回見えていた心拍が、今日は見えるだろうか?と本当に心配でした。
8月のときはこの時点で流産確定だったので・・・。
でも、赤ちゃんは元気に育ってくれていました。
胎嚢も27.8mmと大きくなり、はっきりと心拍が見えました。
年末にかかるから、と早めの卒業になると前の週に聞いていたのですが、本当に年内に卒業できることがちょっと信じられない感じでした。

院長先生は、「いい報告をいただけること、お待ちしています」と笑顔で言ってくださいました。
いつも穏やかで、的確な診断をしてくださる院長先生、信じて通って良かった!と思いました。
スタッフの方々も、先生方も、皆さん親切で、殺伐とした雰囲気がない病院だったと思います。
特に私はKLCにアレルギーを持ってしまっていたので、余計にそう感じたのかもしれませんが・・・。
まだ胚盤胞5個がFCTで眠っています。
1人目出産もまだ先で、今は具体的には2人目のことは考えられませんが、いずれまたFCTでお世話になろうと考えています。

スポンサーサイト

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://solahiyo.blog21.fc2.com/tb.php/103-ade94500
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【治療の記録〜FCT転院】

一度目の採卵の後、まさか自分がもう一度採卵をするとは考えてもいませんでした。でも5月の採卵のあと、ず

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

なお

Author:なお
私、30代半ば。ダンナ様、40代突入。
結婚してはや6年。
しばらくダブルインカムで頑張ろうとしていたり、途中でマンションを買ったりして、子づくりにやや乗り遅れ・・・

お子待ち本格開始は、2009年8月の終わり。
2010年2月から病院デビュー。
2010年11月からKLCデビューしました。
1回目の体外受精は、未熟卵で受精せず、移植中止。
2回目の体外受精は、成熟卵2個のうち1個受精→分割せずで移植中止。
しばらく自然に、タイミングで頑張り、更にFCTへ転院。
3回目の採卵 12個採卵→11個成熟卵→10個受精(顕微6個、体外4個)→10個とも分割確認→胚盤胞5個
1回目の移植 HR周期→陰性(4AA、AHあり)
2回目の移植 HR周期→陽性判定(4AB、AHあり)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
周期①-タイミング (23)
周期②-AIH1回目 (11)
周期③-タイミング (12)
周期④-AIH2回目 (11)
周期⑤-AIH3回目 (8)
周期⑥-強制リセット (4)
周期⑦-AIH4回目 (5)
周期⑧-KLC完全自然周期<受精せず (5)
周期⑨-KLC採卵周期②<分割せず (6)
周期⑩-お休み周期 (2)
周期⑪-お休み周期 (2)
その他 (1)
周期⑫-FCT採卵周期~胚盤胞凍結 (1)
周期⑭移植~判定 (1)
周期⑮移植2回目~陽性判定 (5)
その後 (6)

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。