ぴよぴよ日和

結婚5年、そろそろ子供が欲しい30代共働き主婦の、天使待ちの日々を綴ります。

2018-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低温期5日目 ~ 一緒に妊婦? ~

低温期5日目(D5) 36.42℃
サプリ:葉酸、マカ、ビタミンE


今日からビタミンEを追加しました。

昨日は高校時代の同級生2人と、銀座でランチ&お茶
4人組のうちの1人が、3月にめでたく第一子出産したので、彼女に贈ったお祝いの報告(私が取りまとめて贈ったので)と近況報告会でした。

友人のうち1人は、既に2歳になる子がいて、パパの育児参加についての話とかしてくれて、出てきたら最後、もう育児放棄はできないから、そりゃまた大変なんだなぁ~・・・と別な意味で心を引き締めてくれました。
彼女は1回目の時に基礎体温だけで、3回のTryで授かったので羨ましいなー、って常々私は思っていました。
本人も2人目計画してすぐできると思っていたらしいんだけど、なかなか出来なくて、調べていくうちにどんどん「妊娠ってそう簡単じゃないんだー!!」って分かったよー、色々教えて!!と・・・
そうそう、簡単じゃないんだよねぇ。
そして、調べ始めると、人のブログとか読みまくって、一喜一憂しちゃうんだよねって話をしました。
排卵検査薬、使ってみたいけどどれがいいかわからないというので、私が使って分かりやすかったチェックワンLHⅡを教えてみました。

もう1人の友人は、旦那様が子供好き。
本人はそれほどテンション高くないけど、ぼちぼち子供作らないと年齢がね~、って思い始めてるところだって。
男性は勝手に色々言うけど、生活も体質もガラッと変わっちゃうのはこっちなんだから、もうちょっとケアして欲しいよねー、なんて話をしていて。
就職して10年超となると、仕事も波に乗ってくるし、私含めそれぞれみんなそこそこ大きな会社にいるから、やっぱりスパッと割り切れないことも沢山あるし(といって、キャリアだけを追い求めているわけでもないけど)、思うとおりの人生なんて送れないよね・・・って。

でも、悩んだり迷ったり、毎月リセットして落ち込んだりしているのは私だけじゃないな、って改めて思えたし、3人で今年揃って妊娠するぞー!!って目標立てたから、また元気が出ました
高校時代からかれこれ10年以上も仲良くしていて、それぞれ結婚したり子供が生まれても、こうして近い価値観で話せるっていうのは、とても恵まれていると思います。
1人は今、地元に戻ってしまってなかなか逢えないけれど、4人でいつか子供を連れて、延々お喋りする時が来るのを、楽しみに待っていたいな
スポンサーサイト

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://solahiyo.blog21.fc2.com/tb.php/25-5015fd08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

なお

Author:なお
私、30代半ば。ダンナ様、40代突入。
結婚してはや6年。
しばらくダブルインカムで頑張ろうとしていたり、途中でマンションを買ったりして、子づくりにやや乗り遅れ・・・

お子待ち本格開始は、2009年8月の終わり。
2010年2月から病院デビュー。
2010年11月からKLCデビューしました。
1回目の体外受精は、未熟卵で受精せず、移植中止。
2回目の体外受精は、成熟卵2個のうち1個受精→分割せずで移植中止。
しばらく自然に、タイミングで頑張り、更にFCTへ転院。
3回目の採卵 12個採卵→11個成熟卵→10個受精(顕微6個、体外4個)→10個とも分割確認→胚盤胞5個
1回目の移植 HR周期→陰性(4AA、AHあり)
2回目の移植 HR周期→陽性判定(4AB、AHあり)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
周期①-タイミング (23)
周期②-AIH1回目 (11)
周期③-タイミング (12)
周期④-AIH2回目 (11)
周期⑤-AIH3回目 (8)
周期⑥-強制リセット (4)
周期⑦-AIH4回目 (5)
周期⑧-KLC完全自然周期<受精せず (5)
周期⑨-KLC採卵周期②<分割せず (6)
周期⑩-お休み周期 (2)
周期⑪-お休み周期 (2)
その他 (1)
周期⑫-FCT採卵周期~胚盤胞凍結 (1)
周期⑭移植~判定 (1)
周期⑮移植2回目~陽性判定 (5)
その後 (6)

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。