ぴよぴよ日和

結婚5年、そろそろ子供が欲しい30代共働き主婦の、天使待ちの日々を綴ります。

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業しました

すっかりご無沙汰していました。
ブログを書く勇気が無くて、ずっと放置していましたが、実は昨日、FCTを卒業してきました。

あれから自然流産して、その後は1回生理を見送り、9月の末に2個のタマゴ(5BBと4BB)を戻しました。
でも着床せず・・・残り1個があまりいいタマゴではないかもしれない(S1)ので、10月の末に再度採卵をしました。
2度目の採卵は11個が成熟卵→9個受精→9個とも分割→胚盤胞6個(4AA×3、4AB、3AB、4AC)と、1回目よりもいい卵ができました。
そのときできた胚盤胞を11月末に2個(4AA→5AA、4AB→5AB)移植して、妊娠することができ、今日で6W6Dです。


流産して、本当にこれまでの生涯で一番というくらい泣きました。
何で自分が?って思ったし、苦しくて辛くて、生きていくって何だろうって思ったり、本当に荒れました。
9月末の移植で妊娠できなかったのは、まだ私の心が回復してなかったからだと、今では思います。
今もまだ、前回のことを考えると不安ばかりですが、今度こそお腹の子供に会えると信じて、なるべくネガティブにならないようにしています。


今回もまた症状らしいものがほとんど無く、足が少しだるいのとお腹がたまにチクチクだけだったので(前回と違って、胸も触っても痛くなかった)、ダメだったのかと思ってました。
判定日、HCGが2798もあって(4w5d)、「もしかしたら2個とも着床したかも」と先生に言われてもピンと来ず、夏の妊娠だって2000近くHCG出てたのに流産したし、ってすごく慎重になっていました。

先週の超音波で胎嚢が1個と分かり、今回はうっすら卵黄嚢も見えたし「ちょっとだけど心拍も見えてるね」と言われて、”前回よりもいい感じかも”と思ったものの、不安の方が大きくて・・・。
昨日、はっきりと赤ちゃんの姿と心拍が見えて、何か大きなハードルを越えた気がして、やっと少し気持ちが落ち着きました。
先週から、朝と夕方に胃の辺りが気持ち悪い感じがあって、”これってつわりなのかな?”と思うものの、それ以外の症状も何も無く・・・。
年末年始にかかるから、と早めに卒業となったものの、本当に大丈夫なのかなぁ、という心配でまだマタニティマークをつけるとか、そういう気分になれてません。

紹介先は広尾のお産で有名な総合病院で、年明けの10日に初診です。
あと2週間、何事も無く過ごせることを祈りつつ、年を越したいと思います。


流産の後、心配してくださったり、コメントをくださった皆様、お返事できず本当に申し訳ありませんでした。
なかなかいい報告が出来ないことを恐れて、ブログの更新そのものを止めていました。
けれど、ファティリティクリニック東京の情報がとても少なく、このブログに辿り着いたという方が何名かいらっしゃり、少しでも自分の経験が皆さんのお役に立つのなら、という思いで今回書かせていただきました。
妊婦生活に本格的に突入した後、更新していくかはまだ決めていませんが、後日、診療内容や採卵、移植などについてアップしてみたいと思っています。



追伸:今回、2個移植する他に、SEET法にもチャレンジしました。
FCTではSEET法で、英クリニックほどのいい成績は出ていないということで、先生方はまだSEET法については懐疑的なようですが、「マイナスになるわけではないから」と希望をきいて下さいました。
1度目の採卵ではSEET法を希望しなかったので、培養液を保存していなかったのですが、2回目の採卵で培養液を保存してもらったので、タマゴちゃん達と共に培養液も引き続き凍結してあり、次の移植のときも使えるようです。

テーマ:妊娠初期(1~4ヵ月) - ジャンル:結婚・家庭生活

6w5d 繋留流産

今日は心拍確認のため、病院へ行ってきました。

この1週間、唯一変化のあった胸の張りが数日前から消え、何となく嫌な予感がしていました。
内診前に、診察室に呼ばれたのも、あれ?という感じでした。

いざ内診。
胎嚢は、11.9mm。
全く成長していませんでした・・・胎芽が先週見えなかったときに、ちらりとよぎった不安。
やはり今日も、胎芽は見えませんでした。

こんな展開になるなんて。
15%の流産確率、そこに自分が入ってしまうなんて。
思ってもみませんでした(実は先週からずーっと不安だったけれど)。

先生曰く、ちょっとしたつわりのようなものもないのは、途中で成長が止まったから(HCGも分泌が伸びなかったから)でしょう、とのこと。
週数が小さいので、1週間以内に自力で流れてくると思うから、今のところ手術の必要はない。
けれど1週間後、一応もう一度(出血が始まったとしても)診ましょう、とのことでした。


何が悪かったんだろう?なんて考えてもしょうがないとはわかっていても、育ててあげられなかったことの原因を探りたくて、切ないです・・・。
1回目の移植は4AAで着床せず、「半数は染色体異常だから、きっとそうだったんでしょう」とのこと。
今回は4AB、着床してくれたのに育ってくれない・・・「染色体異常が90%だから」と言われても、5個の卵のうちグレードのよい2個が染色体異常なんて、残り3個はもっと確率高いんじゃないの?と思ってしまう。

来週になって、急に胎嚢が大きくなって、心拍も確認されて、なんてミラクルが起きないのかな、とか。
何で私だけ、こんなところでつまづいてしまうんだろうか、とか。
考えたらきりがなくて、苦しいです。


次の治療のことまで、気持ちが切り替えられる状態ではありません。

ごめんなさい、このブログもしばらくお休みさせてください。

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

胎嚢確認 5w5d

陽性判定後のことを書いていますので、気になさる方はスルーでお願いします。



本日、胎嚢確認の日でした。

先週陽性判定を貰ったものの、HCGの数値だけで何も他に確認要素が無かったので、すごくドキドキしていました。
しかもあれから一切、つわりらしきものも無し!
お腹も痛くないし、出血もないし(出血は無いほうがいいんだろうけど・・・)、吐き気も、匂いが駄目とかも何も無く、「本当に着床してるのかしらん?」って感じでした。
エコーを待っている間も心臓バクバクで、本当に心配でした。

先生がエコーを入れて子宮を映してくれて・・・
見えました!!
白っぽい丸に囲まれた、胎嚢。
「子宮外妊娠じゃなかった~」って心底ほっとしました。

今日のサイズは12.1mm。
5w5dなのであわよくば心拍も見えるかな?って思っていたけど、先生はそれほどエコーの倍率を上げてくれず(残念!)、
「まだ5週なので心拍はまだですねー。」
と言って、おしまいだったので、ホッとした反面、ちょっと心配の種がまた出来てしまいました。

私は子宮後屈だから、見えづらいのかもしれないけど、胎芽がちらっとくらいは見えて欲しかったな・・・。
でも、ひとまず内診後の診察でも
「いまのところ順調です」
と言っていただけたので、1週間後の心拍確認まで、楽しみは取っておこうと思います!

ベビちゃん、ちゃんと育ってねー!


ベビ待ちしているすべての方に、ベビーが授かりますように☆

テーマ:妊娠初期(1~4ヵ月) - ジャンル:結婚・家庭生活

移植~判定まで

私自身、まだ陽性判定が信じられない思いです。
というのも、ほぼ何も体の変化を感じられなかったから。

ネットでBT○日目、と検索しては落ち込み、やっぱり駄目だったか~、と思っていました。
でも、同じように移植後に症状がなくて落ち込んでいる人に、「症状が殆どないひとだって、いるよ!」と元気を出して欲しいなぁ、と思い、私の2回目の移植から判定までの日々を、思い出せる限り書いてみようと思います。

よく、妊娠超初期症状として、自然妊娠の人もAIH、体外の人もブログに書かれている症状、主なものが自分に当てはまったか、書いていきますね。

<下腹部チクチク痛>
無かった。
私は子宮後屈気味だからかもしれないけれど、生理前のような腰から肛門に掛けての鈍痛が、移植翌日からあった(そういえば私のPMSって、下腹部痛でなく腰痛・・・後屈だからかも?と今頃気づく)。
ただ、BT11日目の夜に一度だけ、お臍の下辺りが「ツキーン」と息も出来ないくらい痛くなった。

<眠気・だるさ>
無し。
寝覚めもばっちり。
あ、ただ・・・毎日急に立ち上がったりすると、軽い立ちくらみはあったかも。

<足の付け根痛>
無し。
ただ、足がだるい感覚はBT5日目~BT10日目くらいまであって、付け根が痛いというより引っ張られる感じはたまにあったかも?
でも、足の付け根が痛いっていう感覚が分からず、毎日暑いのに外に出てたので、そのせいで体がだるいんだと思っていた。

<着床出血>
これは、実はあったのかも?
BT10日目くらいから膣坐薬のせいか、外陰部が痒くて(シモな話ですみません!)、夏だし蒸れるからビランになる人が多いとネットで見てはいたので、BT12日目に赤茶色い坐薬のカスが出たときには、「あー、中が炎症したのかな」と思っていた。
昨日(BT13日目)の朝、ペーパーに水で薄めたような赤茶っぽいさらっとした液体がついて、「げ!出血するほど炎症?」とちょっとびびり、更に夕方、また坐薬のカスにどす黒い血が混じっていて、「ホルモン補充周期なのに生理来ちゃうの?」と思ってネットで調べまくった。
BT12-13日目に着床出血では遅すぎるような気がするし、きっと膣内の炎症だと一人納得。
でも、着床してからホルモンの出所が胎盤に切り替わるまで2週間くらいかかって、切り替わるときに出血することもあるらしいので、私のはこれだったのかも?と今となっては思います。

<吐き気>
全く無し!
ご飯も普通に食べれていて、「これ食べたくないかも」って思うようなものも、今のところ無し。

<基礎体温>
移植5日前の膣坐薬開始から高温期に突入し、36.7前後をウロウロ。
移植後は36.7-8の間を行ったりきたりしていたけれど、37度台に突入することは一度も無し。
ホルモン補充周期だから、体温は関係ないと分かっていたけど、それでも妊娠してる人は2段上がりしたとよくブログ等で目にしていたので、「私は当てはまらないな」とがっかりしていた。
昼間も特に暑くてしょうがない、というようなことも無かった。

<胸が張る、など>
全然!です(笑)
乳首は押せば痛いかなぁ?って感じだけれど、張ってしょうがないという風ではなく、色も黒ずむとか聞くけれど今のところはまだ黒ずんでいません。


ざっとこんなものでしょうか。
とにかく私の場合はBT11日の夜まで、なーんにも「あれ?」と思うようなこともありませんでした。
BT11日目の腹痛も、食べ過ぎて便秘気味だからだと思っていたし、昨日一昨日の出血も膣坐薬のせいだと思ってました(本当に、膣坐薬のせいかもしれませんし、真相はいまだ分からず)。

やったことといえば、
・パイナップルを食べてみた(毎日ではない)
・一応、葉酸を飲んでおいた(着床には関係ないですね・・・)
・腹巻をして寝ていた
・妊婦の友達に、願掛けジンクスの「梅干入りおにぎり」を握ってもらい、食べた
くらいのもんです。

今までいっぱい願掛けもしてきたし、体調にもすごく気を使ってきたし、でも妊娠しなくて落ち込んで。
今回も途中から半ば諦めていて、次の移植のことばかり考えていました。
ストレスフリーで、考えないように!って頭では分かっていたけど、毎日毎日ネットで検索していて、全然ストレスフリーではなかったと思います。

あと、スピリチュアルなこと、といえば、
・移植前に夢に美輪さんがでてきて「大丈夫よ」と言ってもらえたこと
・枯れかけていた子宝草の、生きていそうな葉っぱだけを水差しに入れておいたのが、今朝見たら子株をつけていた!(これはちょっと驚いた。一昨日まで何も無かったのに)
・子供を抱く夢を見た
こんな感じです。

少しでも、不安に思っている方のお役に立てれば、幸いです。
ベビ待ちしている全ての方に、赤ちゃんがやってきますように☆

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

妊娠判定

※以下、妊娠に関する事柄を書いていますので、不快に思われる方はご注意いただければと思います。



BT14日目、今日が妊娠判定日でした。
FCTでは中間判定がないので、自己判定をしなければ今日まで何も分からない状態です。
前回BT11日目で待ちきれずに検査薬を使ってしまい、見事に「陰性」だったので、今回は検査薬は我慢して過ごしてきました。

この2週間、何の兆候もなく、毎日BT○日目、とか検索しては他の方の症状を参考にしていて、当てはまるものがなく落ち込み・・・というのを繰り返していて、きっと駄目だろうなぁと思いながら家を出ました。
今日は混んでいたようで、採血後30分のはずが1時間近く呼ばれず・・・
ようやく呼ばれたときの、院長先生のアナウンスの声が低かったので、「駄目だったんだな」と思いながら診察室に入りました。

が・・・
「なおさん、今回はいい数値が出ていますよ」
と先生にっこり!
あまりにびっくりして、
「ホントですか?! 何も兆候もなかったので、駄目だと思っていました」
と思わずちょっと高い声で返事してしまいました(苦笑)。

B-HCGは、1767ありました。

涙が出そうになるのを堪えながら、先生のお話を聞き、
「では来週、胎嚢確認しますね」
と言う言葉を、信じられない思いで聞いて診察室を出ました。

今日は4W5Dで、予定日は何と・・・!私の誕生日と同じ日です。
以前、オーラリーディングして貰ったときに、『赤ちゃんは誕生日を選んでるのよ』と言われたこと、ふと思い出しました。
そっか、キミはママと同じ日に生まれて来たかったの?
と思わずお腹に話しかけました。

追加の2週間分の薬を処方してもらう間、急いでダンナ様にメール。
「マジ?本当なの?」
ってすぐ返信が来たので、病院を出てから電話して話しました。
「俺は慎重派だから、形をみるまで安心はしないよ~。」
といいながらも、「メール来ないから、駄目でしょぼくれてるのかと思ったよ。メール見て泣きそうになった」と言っていました。

帰り道で、実家の母にも電話。
治療のことも全部話していて、今回の移植のことも知っているので、電話してすぐに分かったようです。
「本当に~?良かった~。おめでとうね」
と涙声でした。
でも、母も私の上の子を初期流産しているので、
「まだ分からないからね。安定期に入るまでは慎重にね」
と半分はちゃんと冷静でした。

まずは第一段階突破!
来週、胎嚢確認、再来週が心拍確認の予定です。
大事に、過ごそうと思います。

ここで励ましてくださった皆様、本当にありがとうございました!
やっと、光を見ることができました。

ベビ待ちしている全ての皆様の元に、赤ちゃんがやってきますように☆

テーマ:妊娠初期(1~4ヵ月) - ジャンル:結婚・家庭生活

前頁へ移動する«  | HOME |  次頁へ移動する»

FC2Ad

 

プロフィール

なお

Author:なお
私、30代半ば。ダンナ様、40代突入。
結婚してはや6年。
しばらくダブルインカムで頑張ろうとしていたり、途中でマンションを買ったりして、子づくりにやや乗り遅れ・・・

お子待ち本格開始は、2009年8月の終わり。
2010年2月から病院デビュー。
2010年11月からKLCデビューしました。
1回目の体外受精は、未熟卵で受精せず、移植中止。
2回目の体外受精は、成熟卵2個のうち1個受精→分割せずで移植中止。
しばらく自然に、タイミングで頑張り、更にFCTへ転院。
3回目の採卵 12個採卵→11個成熟卵→10個受精(顕微6個、体外4個)→10個とも分割確認→胚盤胞5個
1回目の移植 HR周期→陰性(4AA、AHあり)
2回目の移植 HR周期→陽性判定(4AB、AHあり)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
周期①-タイミング (23)
周期②-AIH1回目 (11)
周期③-タイミング (12)
周期④-AIH2回目 (11)
周期⑤-AIH3回目 (8)
周期⑥-強制リセット (4)
周期⑦-AIH4回目 (5)
周期⑧-KLC完全自然周期<受精せず (5)
周期⑨-KLC採卵周期②<分割せず (6)
周期⑩-お休み周期 (2)
周期⑪-お休み周期 (2)
その他 (1)
周期⑫-FCT採卵周期~胚盤胞凍結 (1)
周期⑭移植~判定 (1)
周期⑮移植2回目~陽性判定 (5)
その後 (6)

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。